コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーマ1世(読み)ラーマいっせい(英語表記)Rama I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラーマ1世
ラーマいっせい
Rama I

[生]1737. アユタヤ
[没]1809.9.7. バンコク
タイ,チャクリー朝の創始者 (在位 1782~1809) 。本名ピヤチャクリー・ラーマ。トンブリ朝の武将であったが,同朝のタークシン王が処刑されたあとをうけてチャクリー朝を開き,トンブリの対岸バンコクに都を移し,二重堀をめぐらした城市を築いた。外政ではビルマと戦争を続け,バンコク亡命中のベトナムの阮氏の一族阮福映 (のちの嘉隆帝) を支援し西カンボジアを領有 (1795) ,また中国清朝との朝貢貿易を促進し,広東-バンコク間の交易を伸展させた。内政ではアユタヤ朝法規を収集し,三印法典を編集した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラーマ1世の関連情報