コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーマ1世 ラーマいっせいRama I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラーマ1世
ラーマいっせい
Rama I

[生]1737. アユタヤ
[没]1809.9.7. バンコク
タイ,チャクリー朝の創始者 (在位 1782~1809) 。本名ピヤチャクリー・ラーマ。トンブリ朝の武将であったが,同朝のタークシン王が処刑されたあとをうけてチャクリー朝を開き,トンブリの対岸バンコクに都を移し,二重堀をめぐらした城市を築いた。外政ではビルマと戦争を続け,バンコク亡命中のベトナムの阮氏の一族阮福映 (のちの嘉隆帝) を支援し西カンボジアを領有 (1795) ,また中国清朝との朝貢貿易を促進し,広東-バンコク間の交易を伸展させた。内政ではアユタヤ朝法規を収集し,三印法典を編集した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラーマ1世の関連キーワードドゥシットマハプラサート宮殿ウボンラーチャターニーワットスワンダララム世界のおもな美術館スクムウィット通りワット・プラ・ケオチャクリ王朝記念日ワットマハータートワットプラケーオスントーン・プーラタナコーシン朝バンコクの王宮エメラルド寺院チャクリー改革コーンゲーンラーマキアンラーマキエンプラスメン砦ワット・ポーサームコック

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラーマ1世の関連情報