コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーンチー ラーンチー Rānchī

2件 の用語解説(ラーンチーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラーンチー
ラーンチー
Rānchī

インド北東部,ビハール州南部の鉱工業都市ラーンチー県の行政庁所在地チョタナーグプル高原の東部,ラーンチー高原の標高 660mに位置。同国一の豊かな鉱物資源に恵まれたチョタナーグプル高原を控え,独立後,重工業都市として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ラーンチー【Rānchī】

インド北東部,ビハール州南部の工業都市。人口59万9000(1991)。チョタ・ナーグプル高原上の標高約650mの交通の要地にあり,英領時代には保養地またビハール州の夏の州都であった。インド独立後,同高原の豊富な鉱産資源をもとに成立した重工業地帯の一郭を構成する。インド有数の総合機械工場のほか,紡績,薬品,鉄鋼などの工業が立地する。東方約50kmには埋蔵ボーキサイトをもとにアルミ製錬工場が所在する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラーンチーの関連キーワードアーメダバードジャムシェドプルダーンバードコルカタジャムシェドプールビハール仏陀伽耶ジャールカンドジャンムー・カシミール[州]ドゥルガプル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone