コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・アルプ La Harpe

世界大百科事典 第2版の解説

ラ・アルプ【La Harpe】

1739‐1803
フランスの文学者。文学批評および文学史の草分けとされる。本名Jean François Del(a)harpe。詩作,劇作も手がけたが,特記するほどの作品はない。1786年からリセと呼ぶ一種の自由学校で文学講義を行い,評判をとった。その《文学講義》12巻(1799‐1805)で,古代文学,近代文学を紹介する。判断の基準として古典主義をとり,博識と比較的柔軟な鑑識眼で近代批評に道を開いた。【福井 芳男】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ラ・アルプの関連キーワードメルキュール・ド・フランスアレクサンドル(1世)アレクサンドル[1世]アレクサンドル1世11月20日アルプス4月6日ゴッターオクスイン川

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android