コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・オロヤ La Oroya

1件 の用語解説(ラ・オロヤの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラ・オロヤ【La Oroya】

ペルー中部,フニン県の西部,アンデス山脈中にある鉱業都市。人口3万5000(1990)。マンタロ川の上流部にあり,標高3825m。セロ・デ・パスコ鉱業会社によって設立された精錬所を中心に発達した都市。北部のセロ・デ・パスコ鉱山,西部のモロコチャ鉱山,カサパルカ鉱山からの銅,亜鉛,銀などの鉱石を精錬する。1972年精錬所は国有化されて,国営セントロミンCentromín社によって経営されている。【田嶋 久】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラ・オロヤの関連キーワードアンデス山脈カハマルカチチカカ湖プノワラスインカ秘露チャビンデワンタルピサックペルージュ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone