コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・オロヤ La Oroya

世界大百科事典 第2版の解説

ラ・オロヤ【La Oroya】

ペルー中部,フニン県の西部,アンデス山脈中にある鉱業都市。人口3万5000(1990)。マンタロ川の上流部にあり,標高3825m。セロ・デ・パスコ鉱業会社によって設立された精錬所を中心に発達した都市。北部のセロ・デ・パスコ鉱山,西部のモロコチャ鉱山,カサパルカ鉱山からの銅,亜鉛,銀などの鉱石を精錬する。1972年精錬所は国有化されて,国営セントロミンCentromín社によって経営されている。【田嶋 久】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone