コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・サル Antoine de La Sale

1件 の用語解説(ラ・サルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラ・サル【Antoine de La Sale】

1388‐1461ころ
フランス中世末期の物語作者。14世紀末にイタリアなどで活躍した有名な傭兵隊長の子としてアルル近くに生まれる。早くからアンジュー伯家に小姓として仕え,生涯の大半をその宮廷で過ごす。その間ヨーロッパ各地を旅し,戦争や騎馬試合に参加,その時の体験から《昔日の騎馬試合と兵法要綱》(1459)その他の著作が生まれる。それよりさきアンジュー伯家の子弟教育のために道徳書《兜》(1437),《広間》(1451)などを著す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラ・サルの関連キーワード聖史劇フレンチフランス窓フランス料理ジャッククール宮殿フランス刺繍フランスソワールマンデスフランスランブイエ城グラン・アングロ・フランセ・トリコロール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラ・サルの関連情報