コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・シャペル・オー・サン La Chapelle‐aux‐Saints

世界大百科事典 第2版の解説

ラ・シャペル・オー・サン【La Chapelle‐aux‐Saints】

フランス中部,コレーズ県の同名の村にある洞窟。1908年3人の神父A.ブイソニー,J.ブイソニーおよびL.バルドンによって旧人の埋葬人骨が発掘された。粘土層を約30cm掘り込んだ埋葬施設を伴う文化層からは,ムスティエ型尖頭器(ムスティエ文化)やさまざまな削器が出土した。ただ骨角器は認められない。ケサイ,トナカイ,バイソン,アナハイエナといった動物の骨が伴出し,寒冷気候であったことがわかる。 人骨はラ・シャペル・オー・サン人あるいはラ・シャペル人と呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ラ・シャペル・オー・サンの関連キーワードネアンデルタール人

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android