ラ・シャペル・オー・サン(英語表記)La Chapelle‐aux‐Saints

  • La ChapelleauxSaints

世界大百科事典 第2版の解説

フランス中部,コレーズ県の同名の村にある洞窟。1908年3人の神父A.ブイソニー,J.ブイソニーおよびL.バルドンによって旧人の埋葬人骨が発掘された。粘土層を約30cm掘り込んだ埋葬施設を伴う文化層からは,ムスティエ型尖頭器(ムスティエ文化)やさまざまな削器が出土した。ただ骨角器は認められない。ケサイ,トナカイ,バイソン,アナハイエナといった動物の骨が伴出し,寒冷気候であったことがわかる。 人骨はラ・シャペル・オー・サン人あるいはラ・シャペル人と呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android