コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・ショー・ド・フォン La Chaux‐de‐Fonds

世界大百科事典 第2版の解説

ラ・ショー・ド・フォン【La Chaux‐de‐Fonds】

スイス西部,ジュラ山脈の南東斜面のフランス国境に近い都市。人口3万7000(1996)。17世紀後半に時計製造を開始して以来一貫した時計の町。最初はガラスケース入り振り子時計,ついで懐中時計の生産に移り,工業化を果たした。ヌシャテルとの間に鉄道が開通(1860)して以降顕著な発展を見て,スイス時計産業の一大中心地となった。16世紀以降の数多くの時計類を展示した時計博物館(1902創設)がある。【森田 安一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ラ・ショー・ド・フォンの関連キーワードローラ フレセル・コロビク世界のおもな博物館ル・コルビュジエル・コルビュジエヌーシャテル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android