コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・ファイエット Marie Joseph Paul Yves Roch Gilbert Motier,marquis de La Fayette

世界大百科事典 第2版の解説

ラ・ファイエット【Marie Joseph Paul Yves Roch Gilbert Motier,marquis de La Fayette】

1757‐1834
フランスの政治家,大革命の指導者。オーベルニュ地方の侯爵家に生まれる。多額の遺産を相続し,軍人となるが,1777年単身アメリカに渡り,義勇兵として独立戦争に参加した。帰国後,87年に名士会,89年には全国三部会に貴族身分の議員として選出された。すでに〈新大陸英雄〉として人気を博していた自由主義貴族ラ・ファイエットの名声はこれによりいっそう高まり,同年7月のバスティーユ事件の直後パリ国民軍司令官に指名され,〈両大陸の英雄〉となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のラ・ファイエットの言及

【国民軍】より

…その性格は時代と共に変化している。 1789年7月14日のバスティーユ攻撃の前夜,パリの選挙人集会が市民軍の結成を決議し,15日ラ・ファイエットを総司令官に任命し,国民軍60大隊を組織することとした。これに地方の各都市も呼応し,91年10月の法令によりその法的枠組みが定められた。…

※「ラ・ファイエット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ラ・ファイエットの関連キーワードバイイ(Jean Sylvain Bailly)マラー(Jeanケアリー(Mathew Carey)G.O. ドーソンヴィルシャン・ド・マルスの虐殺シャン=ド=マルス事件フランス革命史(年表)マリ・アントアネットフーイヤン・クラブラ・ファイエットフイヤン・クラブフェーエットビルアメリカ独立革命ルイ(16世)アルジャンソンラフェーエットÉ. マーニュジャコバン派ジュールダンフランス革命

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラ・ファイエットの関連情報