コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・ベンタ La Venta

世界大百科事典 第2版の解説

ラ・ベンタ【La Venta】

メキシコ,タバスコ州の熱帯低湿地にあるオルメカ文化の遺跡。前800‐前400年に最も栄えた。底辺79m×138m,高さ36mの土のピラミッド,広場とそれを囲む建造物などがある。巨石人頭,石碑,祭壇などの巨大な石彫,その石材が100km以上遠方から運ばれたことなどは,強力な支配階級,組織化された社会の存在を示している。前3世紀ごろに,外敵の侵入を思わせる破壊の跡を残して,町は放棄された。【大井 邦明】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ラ・ベンタの関連キーワードラ・ベンタ遺跡メキシコ美術ブルノンビルビヤエルモサ