コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・マドレーヌ La Madeleine

世界大百科事典 第2版の解説

ラ・マドレーヌ【La Madeleine】

フランス南西部,ドルドーニュDordogne県にある旧石器時代の遺跡。マドレーヌ期ないしマドレーヌ文化の名称はこの遺跡に由来する。1863‐64年にラルテが発掘を行い,マンモスを線刻した骨棒を見いだし,それを旧石器時代のものとしたが,専門学者の同意を得ることができなかった。その後1911‐12年にペイロニが発掘調査し,多くの投槍器や指揮棒などを見いだした。【木村 重信

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のラ・マドレーヌの言及

【ラルテ】より

…フランスの考古学者。1834年の,フランス南西部,ジェール県サンサンSansanの発掘以来,オーリニャック(1860)やラ・マドレーヌ(1863‐64)などの諸遺跡を発掘調査して,後期旧石器時代文化研究の基礎を築いた。とくにラ・マドレーヌ出土のマンモスを刻んだ骨棒が旧石器時代に属することを明らかにし,氷河時代美術発見者の栄誉をになう。…

※「ラ・マドレーヌ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ラ・マドレーヌの関連キーワードレゼジー・ド・タヤックサント・マドレーヌ聖堂ビオレ・ル・デュックサントマドレーヌ教会フリッツ タヴロヴビオレ・ル・デュクロマネスク美術アンテチャペルベゼール渓谷ペリゴールベズレー

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android