コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リエゴ・イ・ヌニェス(英語表記)Rafael del Riego y Núñez

世界大百科事典 第2版の解説

リエゴ・イ・ヌニェス【Rafael del Riego y Núñez】

1785‐1823
スペインの軍人,自由主義者で愛国者。オビエド大学で学び,1807年マドリードで近衛隊入隊。スペイン独立戦争に参戦し,08年捕らえられ,フランスへ連行された。イギリス,ドイツを経て帰国し(1814)軍に復帰。20年1月カビリャ市付近でアメリカ植民地の独立派を鎮圧に向かうはずの部隊を率い,カディス憲法支持を旗印にプロヌンシアミエントを発した。革命軍は8月マドリードへ入城し,フェルナンド7世に自由主義的なカディス憲法の復活を承認させた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のリエゴ・イ・ヌニェスの言及

【スペイン】より

…これに対して,1812年憲法を革命の旗印とした自由主義派の反攻が功を奏したのは20年であった。この年,自由主義派のリエゴ・イ・ヌニェス将軍はカディスの近くで蜂起し,自由主義政権(‐1823)を樹立させた。しかし,革命が急進化すると,フェルナンド7世は神聖同盟へ援軍を要請し,その求めに応じた〈ルイ聖王の十万の兵士〉と呼ばれる外国の軍隊が侵入して自由主義政府を打倒した。…

※「リエゴ・イ・ヌニェス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android