リオネグロ県(読み)リオネグロ(英語表記)Río Negro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リオネグロ〔県〕
リオネグロ
Río Negro

ウルグアイ西部の県。県都フライベントス。西はアルゼンチンとの国境をなすウルグアイ川によって限られ,その支流ネグロ川の下流部北岸を占める県で,大部分は低地から成るが,北部には低い丘陵地帯がある。主産業は牧畜で,ウシとヒツジの飼育が広く行われ,トウモロコシ,コムギをはじめとする穀物の栽培も重要。ウルグアイ川にのぞむ県都には大規模な食肉加工業が立地する。県内を鉄道,道路が通り,ウルグアイ川の水運も盛ん。面積 9282km2。人口4万 8644 (1985) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android