リオ・グランデ川(読み)りおぐらんでがわ(英語表記)Rio Grande

翻訳|Rio Grande

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リオ・グランデ川(ブラジル)
りおぐらんでがわ
Rio Grande

ブラジル南東部の川で、ラ・プラタ水系パラナ川源流の一つ。リオ・デ・ジャネイロ北西方のマンティケイラ山脈に発し、ブラジル高原上を、ミナス・ジェライス、サン・パウロ両州の州境をなして西流し、パラナイバ川と合流してパラナ川となる。長さ約1300キロメートル、流域面積14万平方キロメートル。川にはダム、貯水池が連続し、フルナス発電所(出力122万キロワット)をはじめ多数の水力発電所がある。[松本栄次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android