コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リカルドゥス[サン・ビクトールの] Ricardus

世界大百科事典 第2版の解説

リカルドゥス[サン・ビクトールの]【Ricardus】

1110ころ‐73
初期スコラの神学者,神秘思想家。フランス名はリシャールRichard。スコットランドに生まれ,パリのサン・ビクトール修道院で,フーゴーの下にスコラの神学と偽ディオニュシウスの神秘主義とを結合する方法を学んだ。1162年以後同修道院長となる。《三位一体論》では経験に始まり理性による推論を経て神認識に至る道を述べ,次に《観想のための霊魂の準備》と《観想の恵み》においては,三一神の愛による発出と展開を還帰させて,同じく愛による霊魂の神への上昇を説いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のリカルドゥス[サン・ビクトールの]の言及

【サン・ビクトール学派】より

…パリ郊外のサン・ビクトールSt.Victor修道院(1113建立)に隠退して神秘神学の確立につとめたギヨーム・ド・シャンポーのもとに集まった人々,およびそこに形成された学統を総称する用語。フーゴーリカルドゥスらがその代表。この学派はたんに神秘主義を重んじただけでなく,哲学と神学の総合をめざしてこれにふさわしい神秘神学を構築したことで,12世紀の神学興隆の一翼をになった。…

※「リカルドゥス[サン・ビクトールの]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リカルドゥス[サン・ビクトールの]の関連キーワードサン・ビクトール修道院

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android