リクゼンイルカ(陸前海豚)(読み)リクゼンイルカ

世界大百科事典 第2版の解説

リクゼンイルカ【リクゼンイルカ(陸前海豚)】

ハクジラ亜目ネズミイルカ科の哺乳類。イシイルカPhocoenoides dalli(英名Dall’s porpoise)の体色変異の一つ。体側の白斑が胸びれに達する個体の呼称で,リクゼンイルカ型truei‐type(英名True’s porpoise)ともいう。これに対して,白斑が背びれの下で終わっている型をイシイルカ型dalli‐typeと呼ぶ。両型を別亜種とした場合もあるが,体色以外には違いがないので,同種内の変異とされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android