コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リコンフィギュラブル・デバイス りこんふぃぎゅらぶるでばいすreconfigurable device

知恵蔵の解説

リコンフィギュラブル・デバイス

インストラクション命令の列を変えて機能を変更するだけでなく、ハードウエア構成や結線などもプログラムによって変更可能な集積回路。そのため、リコンフィギュラブル(再構成可能)と呼ばれる。通常のマイクロプロセッサーより、柔軟性が高い、用途によってはより高性能、などの特徴がある。論理ゲートの単位で機能や論理ゲート間配線の接続などを、電気的にプログラムできるゲート・アレイ(gate array:基本的なゲート回路のみを多数個、格子状に配列した集積回路)はFPGA(Field Programmable Gate Array)と呼ばれ、これも代表的なリコンフィギュラブル・デバイス。通常の集積回路製作には数週間以上かかるが、FPGAではユーザーが瞬時に所望の機能を実現でき、商品サイクルが短くなった世の中の動向を反映して多く使われるようになった。ワンチップで、100万論理ゲート以上集積できるものもある。

(荒川泰彦 東京大学教授 / 桜井貴康 東京大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android