コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リシヤシュリンガ Ṛṣyaśṛṇga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リシヤシュリンガ
Ṛṣyaśṛṇga

一角仙人。インドの仙人の一人。インドの叙事詩の仙人は苦行を修めた功徳により偉大な霊力を獲得し,怒るときには呪詛を発し,その呪力はベーダ聖典の諸神や国王の威力にまさると考えられた。神々はこれを恐れて,その力をそぐために美女をつかわして誘惑させる物語が多く伝えられ,リシヤシュリンガの物語もその一つである。『マハーバーラタ』『ラーマーヤナ』にあり,ジャータカ中の「ナリニカー本生話」として仏教化され,日本に一角仙人の物語として伝わり,歌舞伎の『鳴神』にまで及んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android