コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リスクバンク(Riksbank)

1件 の用語解説(リスクバンク(Riksbank)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

リスクバンク(Riksbank)

スウェーデンの中央銀行。世界最初の中央銀行。1931年、イギリスの金交換停止後スウェーデン金融危機が襲ったが、1週間でインフレターゲットを導入、世界で最も早く大恐慌から抜け出した。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リスクバンク(Riksbank)の関連キーワードスウェーデン語スウェーデン体操G10スウェーデン刺繍BIS(Bank for International Settlements)バーゼル銀行監督委員会(Basle Committee on Banking Supervision)国際決済銀行(BIS:Bank for International Settlements)委託介入満州中央銀行スウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone