コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リス族(傈僳族) リスぞく Lì sù zú

1件 の用語解説(リス族(傈僳族)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リスぞく【リス族(傈僳族) Lì sù zú】

中国西南部からミャンマー,タイにかけて分布する少数民族。主要な居住地は雲南省北西部のミャンマー国境近くで,ここには怒江リス族自治州が成立している。そのほか雲南省南西部ならびに同省北部から四川省にかけて分散し,他民族と雑居する。言語はチベット・ビルマ語派ロロ・ビルマ語群に属す。人口は中国内で約57万4600(1990),ミャンマーで約5万,タイで約2万5000(1988)と報告されている。彼らは一般に険しい山岳地帯に居住するが,その密集地である怒江(サルウィン川)流域の山地はとくに険しく,標高4000mにも達している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リス族(傈僳族)の関連キーワードステゴドンピンマナミャンマー金鳩タイの山岳民族ミャンマーとビルマミャンマーのサイクロン被害旧国民党軍ミャンマーのゾウ在日ミャンマー人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone