リッチー カミューカ(英語表記)Richie Kamuca

20世紀西洋人名事典の解説

リッチー カミューカ
Richie Kamuca


1930.7.23 - 1977.7.22
米国のテナー・サックス奏者。
ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれ。
本名リチャード・カミューカ。
ハイ・スクール時代にテナー・サックスを学び、1952年からスタン・ケントン楽団、ウディ・ハーマン楽団等のビッグ・バンドで活動し、西海岸のスモール・グループでも活躍。その後ニューヨークにベースを移し、’62年ジェリー・マリガンのコンサート・バンドに参加、’72年からはロサンジェルスのテレビでスタジオ・ワークとスモール・グループで活躍、癌で倒れるまで積極的に活動。「リッチー・カミューカ・カルテット」(Mode)、「リッチー」(Concord)の代表作品がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android