コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リデル・ハート Basil Henry Liddell Hart

1件 の用語解説(リデル・ハートの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リデル・ハート【Basil Henry Liddell Hart】

1895‐1970
イギリスの軍事評論家。第1次世界大戦に従軍し負傷,1927年陸軍大尉で退役。《デーリーテレグラフ》《タイムズ》の軍事記者,論説顧問を務め,空軍力と戦車戦に関する多くの軍事理論を発表し,機甲戦の創始者として有名。彼の構想は自国陸軍よりもドイツ陸軍にうけいれられ,第2次世界大戦初期,ドイツ陸軍の電撃戦成功の基礎となった。37‐38年陸軍大臣顧問となり,開戦直前のイギリス陸軍の近代化,機械化に参画,戦時中および戦後は著作活動に専念し,近代戦争理論の発展に貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のリデル・ハートの言及

【機甲部隊】より

…その後集団用法の採用,機動力の向上に努めた連合軍は戦車によって戦況の打開に成功した。第1次世界大戦後,イギリスのJ.F.C.フラー,B.リデル・ハートらは敵の指揮中枢を一挙に打撃して勝敗を決する機甲部隊の創設を提唱したが,現実にはドイツにおいてA.ヒトラーの支持を得たH.グーデリアンがこれを最初に建設した。第2次世界大戦においてこの機甲部隊が急降下爆撃機と連係して電撃戦を実施し成果をおさめた。…

【戦略・戦術】より

…【井本 熊男】
【国家戦略】
 国家の安全を保障し,国家政策を遂行するため,平・戦時を通じて最も効率的な方法で,人的・物的資源を総合的に準備,計画,運用する方策を国家戦略といい,これを受けて,国家の安全を確保する方法を軍事的に追求することを軍事戦略といっている。イギリスの戦略家B.リデル・ハートは,長期的な視野から,国家の目標である〈よりよき平和〉を達成するため,国家の政治的・軍事的・経済的・心理的諸力を発展させ,これを活用する方策を〈大戦略grand strategy〉と言った。またフランスの将軍ボーフルAndré Beaufre(1902‐75)は,これとほぼ同じ概念を〈全体戦略〉と呼んだが,いずれも国家戦略と同義語とみてよいであろう。…

※「リデル・ハート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リデル・ハートの関連キーワードイギリス経験論イギリスオランダ戦争英国評論家イギリス巻イギリス組曲江畑謙介小川和久ベートーヴェン:イギリスの歌「ルール・ブリタニア」による5つの変奏曲/piano soloイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リデル・ハートの関連情報