リニアフレームバッファー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

リニアフレームバッファー

CPUのアドレス空間に対して、メインメモリーと同様に、単純なフラット構造で、すべての画素メモリーマッピングされているフレームバッファのこと。グラフィックス回路によっては、空いているアドレス空間が狭いなどの理由から、特定領域に対して、RGBそれぞれの色のフレームバッファを重ねてマッピングしていることがある。たとえば赤のプレーンに画素データを書き込みたい場合(あるいは読み出したい場合)、グラフィックス回路をコントロールして、赤のプレーンをアドレス空間にマッピングしてからアクセスする。次に青のプレーンにアクセスする必要があるなら、プレーンのマッピングを赤から青に切り替えてアクセスする。このように、プレーンの切り替えというオーバーヘッドがあるため、現在では、特に理由がない限り、このオーバーヘッドのないリニアフレームバッファが採用されることが多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android