コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リニアフレームバッファー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

リニアフレームバッファー

CPUのアドレス空間に対して、メインメモリーと同様に、単純なフラット構造で、すべての画素のメモリーがマッピングされているフレームバッファのこと。グラフィックス回路によっては、空いているアドレス空間が狭いなどの理由から、特定領域に対して、RGBそれぞれの色のフレームバッファを重ねてマッピングしていることがある。たとえば赤のプレーンに画素データを書き込みたい場合(あるいは読み出したい場合)、グラフィックス回路をコントロールして、赤のプレーンをアドレス空間にマッピングしてからアクセスする。次に青のプレーンにアクセスする必要があるなら、プレーンのマッピングを赤から青に切り替えてアクセスする。このように、プレーンの切り替えというオーバーヘッドがあるため、現在では、特に理由がない限り、このオーバーヘッドのないリニアフレームバッファが採用されることが多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

リニアフレームバッファーの関連キーワードマルチコアマルチコアキャッシュメモリーCore i7動作周波数HyperTransportチップセット仮想化オーバークロックCULV

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android