コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リニア中央新幹線と環境影響評価(アセスメント)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

リニア中央新幹線と環境影響評価(アセスメント)

リニア中央新幹線は磁力で浮上・推進し最高時速505キロ。2027年に品川―名古屋を40分で結ぶ予定だ。東京、神奈川、山梨、静岡、長野、岐阜、愛知の7都県を通り、全長286キロのうちトンネルが86%。建設するJR東海は7都県でアセスを実施して工事や運行の影響と対策をまとめ、準備書として昨年9月に公表した。7都県の各知事の意見提出を受け、同社は準備書を修正し数カ月で評価書を作成。国土交通相が環境相の意見をふまえ工事実施計画の認可を判断する。

(2014-03-26 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

リニア中央新幹線と環境影響評価(アセスメント)の関連キーワードリニア中央新幹線

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android