コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リニメント剤 リニメントざいliniment

翻訳|liniment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リニメント剤
リニメントざい
liniment

塗布剤ともいう。皮膚にすりこんで使う,液状または泥状の外用剤である。医薬品を水,エタノール脂肪油グリセリン,石鹸,界面活性剤,懸濁化剤あるいはこれらの混合物に加えて,全質均等にしてつくる。基剤により乳剤性,アルコール性,油性リニメントの3種がある。軟膏剤とローション剤の中間的利点をもつ。製剤としては,フェノール・亜鉛華リニメントがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リニメント剤
りにめんとざい
liniment

液状または泥状で、皮膚に擦り込んで用いる外用剤。古くは擦(さつ)剤といわれた。この製剤は、医薬品に水、エタノール、脂肪油、グリセリン、せっけん、界面活性剤、懸濁化剤もしくはそのほかの適当な物質、またはこれらの混合物を加え、全質を均等にして製する。代表的なものにフェノール・亜鉛華リニメントがある。消毒鎮痒(ちんよう)(かゆみ止め)の目的で用いられる。なお、薬物をせっけんまたは脂肪油のエタノール溶液に混和したものの例としてオポデルドッグがあるが、現在はほとんど用いられていない。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リニメント剤の関連キーワード皮膚外用薬薬用石ケン薬用石鹸塗布剤剤形擦剤