リニュパルス(英語表記)Linuparus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リニュパルス
Linuparus

節足動物門甲殻綱イセエビ科の属名。日本,サハリンカムチャツカ北アメリカなどの白亜紀層から化石として数種が得られているが,現生種にハコエビがある。頭胸甲に胃域,肝域が明らかで,胸甲には3縦走線があり,家形をし,額は三角板,側縁に2小棘がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android