コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リバタリアニズム(Libertarianism)

外国為替用語集の解説

リバタリアニズム(Libertarianism)

完全自由主義、完全市場主義自由市場の機構を社会生活の全てに適用し、政府は国防と外交と犯罪取り締まりのみ責任を持つ「小さな政府」であるべきとする考え方。通常の自由主義(リベラリズム)では、福祉政策、富の再配分などを認めるのに対し、これらを全て政府による個人の自由の侵害だとして反対し、政府による金融管理や市場介入は認めない。

出典|(株)マネーパートナーズ外国為替用語集について | 情報