コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リバタリアニズム(Libertarianism)

1件 の用語解説(リバタリアニズム(Libertarianism)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

リバタリアニズム(Libertarianism)

完全自由主義、完全市場主義自由市場の機構を社会生活の全てに適用し、政府は国防と外交と犯罪取り締まりのみ責任を持つ「小さな政府」であるべきとする考え方。通常の自由主義(リベラリズム)では、福祉政策、富の再配分などを認めるのに対し、これらを全て政府による個人の自由の侵害だとして反対し、政府による金融管理や市場介入は認めない。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リバタリアニズム(Libertarianism)の関連キーワードカデット自由主義自由世界新保守主義オールドリベラリスト放任主義市場原理主義自由市自由市場リベラリズム(Liberalism )

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone