コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リバロル Antoine Rivarol

1件 の用語解説(リバロルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リバロル【Antoine Rivarol】

1753‐1801
フランスの文筆家。南フランスに生まれ,神学校に学んだのちパリ社交界に入る。伯爵を自称し,その陽気で野放図な性格によって数々の逸話を残す。才気に富んだ筆致で同時代の文人を揶揄(やゆ)した《当代大家小鑑》(シャンスネとの共作,1788年匿名で刊行)は多くの敵を作った。またフランス革命後の宮廷側に立ち,政界人を相手どる文書をつづったが,そのため革命勢力に追われ,外国を転々としたのちベルリンで没した。だが彼の名を文学・語学史上にとどめた作といえば何よりもまず,ベルリン・アカデミーの懸賞論文に当選した《フランス語の世界性についてDiscours sur l’université de la langue française》(1784)であろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リバロルの関連キーワードフランス組曲フランス窓文筆家ラマルセイエーズフランスソワールマンデスフランスフランステレビジオンマティスの肖像南ふらのペキネ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone