コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リバロル Antoine Rivarol

世界大百科事典 第2版の解説

リバロル【Antoine Rivarol】

1753‐1801
フランスの文筆家。南フランスに生まれ,神学校に学んだのちパリ社交界に入る。伯爵を自称し,その陽気で野放図な性格によって数々の逸話を残す。才気に富んだ筆致で同時代の文人を揶揄(やゆ)した《当代大家小鑑》(シャンスネとの共作,1788年匿名で刊行)は多くの敵を作った。またフランス革命後の宮廷側に立ち,政界人を相手どる文書をつづったが,そのため革命勢力に追われ,外国を転々としたのちベルリンで没した。だが彼の名を文学・語学史上にとどめた作といえば何よりもまず,ベルリン・アカデミーの懸賞論文に当選した《フランス語の世界性についてDiscours sur l’université de la langue française》(1784)であろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リバロルの関連キーワード喜多川歌麿沢村宗十郎享和パーベル1世山東京伝大英博物館高橋孫兵衛吉住小三郎大英博物館銚子醤油

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android