コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リバロール リバロール Rivarol, Antoine

2件 の用語解説(リバロールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リバロール
リバロール
Rivarol, Antoine

[生]1753.6.26. パニョル
[没]1801.4.11. ベルリン
フランスの作家。イタリア系で南フランスの生れ。 1780年頃パリに出,美貌と才気とによってサロンの寵児となり,ダランベールボルテールに認められた。 84年『フランス語の普遍性について』 Discours sur l'universalité de la langue françaiseがベルリン・アカデミーの懸賞論文に当選,ヨーロッパ中に名声を高めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リバロール
りばろーる
Antoine Rivarol
(1753―1801)

フランスの作家。南仏に生まれたが、1780年ごろパリに出て、サロンではその才智(さいち)と巧みな話術で名士となる。彼を一躍有名にしたのは、『フランス語の普遍性を論ず』Discours sur l'Universalit de la Langue Franaise(1784)がベルリン・アカデミーの懸賞論文に当選してからであり、このなかに「明晰(めいせき)でないものはフランス語でない」の名文句が含まれている。ほかに『偉人小名鑑』(1788)を書き、亡命先のベルリンで死んだ。[市川慎一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リバロールの関連キーワードギニョールイスパニョーライスパニョーラ島エスパニョルギニョルLiga Espanolaエスパニョルソースソースエスパニョルガルゴ・エスパニョールサブエソ・エスパニョール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone