コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リバロール リバロールRivarol, Antoine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リバロール
Rivarol, Antoine

[生]1753.6.26. パニョル
[没]1801.4.11. ベルリン
フランスの作家。イタリア系で南フランスの生れ。 1780年頃パリに出,美貌と才気とによってサロンの寵児となり,ダランベールボルテールに認められた。 84年『フランス語の普遍性について』 Discours sur l'universalité de la langue françaiseがベルリンアカデミーの懸賞論文に当選,ヨーロッパ中に名声を高めた。この論文中の「明晰ならざるものはフランス語にあらず」の一句は有名。ほかに,当代の文学者や政治家を辛辣に風刺した『名士小年鑑』 Petit almanach de nos grands hommes (1788) ,王党派の立場から革命政治家を揶揄した『革命政客小辞典』 Petit dictionnaire des grands hommes de la Révolution (90) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リバロール
りばろーる
Antoine Rivarol
(1753―1801)

フランスの作家。南仏に生まれたが、1780年ごろパリに出て、サロンではその才智(さいち)と巧みな話術で名士となる。彼を一躍有名にしたのは、『フランス語の普遍性を論ず』Discours sur l'Universalit de la Langue Franaise(1784)がベルリン・アカデミーの懸賞論文に当選してからであり、このなかに「明晰(めいせき)でないものはフランス語でない」の名文句が含まれている。ほかに『偉人小名鑑』(1788)を書き、亡命先のベルリンで死んだ。[市川慎一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リバロールの関連キーワード大英博物館高橋孫兵衛吉住小三郎銚子醤油日本の民家宝暦治水奥田穎川嵯峨日記似雲橘南谿