リバーサル・ヘッド・アンド・ショルダーズ

外国為替用語集の解説

リバーサル・ヘッド・アンド・ショルダーズ

チャートパターンの一つで、3つの谷を形成する典型的な底打ちの形。逆三尊。欧米では人の頭と両肩に見たてたヘッド・アンド・ショルダーズの逆として、このように呼ぶ。安値(A)をつけた後に上昇(B)し、再び下落してAよりも安い値(C)をつける。その後上昇してBを超えたかどうかというところで(D)反転、3度目の安値はCまで下がらずに上昇。BとDを結んだ線がネックラインで、この線を超えると上げに転じたと判断する。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android