コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リバースメンタリング リバースメンタリング

人事労務用語辞典の解説

リバースメンタリング

リバースメンタリング」とは、逆メンター制度ともいわれ、上司や先輩社員がメンター相談役になって若手をサポートする通常のメンタリングに対し、部下が上司に助言する逆方向(リバース)の支援活動のしくみを指します。チームリーダーや管理職などの中堅・ベテラン社員が、若い世代の気持ちを理解して適切かつ柔軟な対応がとれるよう、直属の部下ではない若手社員をメンターに起用することで上司としての成長を促します。
2012/10/5掲載)

出典|『日本の人事部』人事労務用語辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone