コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リヒテンシュタイン家

1件 の用語解説(リヒテンシュタイン家の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

リヒテンシュタイン家

ハプスブルク家の臣下として活躍したリヒテンシュタイン家は、1608年に侯爵家となった。さらに17世紀末から18世紀にかけ現領地を獲得し、1719年には神聖ローマ帝国に属する領邦国家としてリヒテンシュタイン侯国が誕生した。侯国の成立後も同家は主にウィーンに居を構え、ファドゥーツに住むようになったのは1938年から。同家は執と有能な軍人、外交官、大臣が輩出する一方、優れた美術品収集にも代々力を注ぎ、数多くの宮殿を建て、19世紀初頭からそのコレクションをウィーンで一般に公開した。

(2012-09-18 朝日新聞 朝刊 東特集L)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リヒテンシュタイン家の関連キーワードハプスブルク家アウグスティーナ教会アウグスブルクドレンスカハクスブルグ家ゼンパハの戦マクシミリアン[1世]ルドルフ[1世]シュウィーツハインリヒ[7世]

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リヒテンシュタイン家の関連情報