コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リヒテンシュタイン家

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

リヒテンシュタイン家

ハプスブルク家の臣下として活躍したリヒテンシュタイン家は、1608年に侯爵家となった。さらに17世紀末から18世紀にかけ現領地を獲得し、1719年には神聖ローマ帝国に属する領邦国家としてリヒテンシュタイン侯国が誕生した。侯国の成立後も同家は主にウィーンに居を構え、ファドゥーツに住むようになったのは1938年から。同家は執と有能な軍人、外交官、大臣が輩出する一方、優れた美術品収集にも代々力を注ぎ、数多くの宮殿を建て、19世紀初頭からそのコレクションをウィーンで一般に公開した。

(2012-09-18 朝日新聞 朝刊 東特集L)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

リヒテンシュタイン家の関連キーワードリヒテンシュタイン(国)ハンス・アダム2世ハプスブルク家バルティツェバルチツェレドニツェ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リヒテンシュタイン家の関連情報