コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リビアと経済制裁

1件 の用語解説(リビアと経済制裁の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

リビアと経済制裁

51年、王国として独立。69年にカダフィ大佐民族主義青年将校のクーデターで共和制に移行した。反欧米路線をとり80年代に対米関係が悪化、86年には米国が経済制裁を開始した。88年の米パンナム機爆破事件などを受け92年に国連安保理も経済制裁を発動。しかし99年に容疑者を引き渡し、03年には遺族補償を始め、国連制裁は解除された。同年、核兵器など大量破壊兵器開発計画の廃棄と査察受け入れも表明。石油確認埋蔵量は391億バレルで世界9位。日産約170万バレル。約8割を輸出。

(2007-09-15 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リビアと経済制裁の関連キーワードサモアパキスタンブルンジベナンユダ王国コンゴ洪牙利愛斯蘭ダフ・る半独立

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone