コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リピーターハブ(読み)りぴーたーはぶ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

リピーターハブ

OSI参照モデルの第一層で動作するネットワーク機器で、ホストから受け取った電気信号を増幅して他のポートに流す働きを持つ集線機器。一般的に「ハブ」というときはリピーターハブを指すことが多い。リピーターハブでは、1つのポートに入ってきた電気信号を増幅し、それ以外のすべてのポートに送り出す。各ホストは、それが自分宛の信号であれば受け取り、そうでなければパケットを破棄する。リピーターハブでは、すべてのポートに信号が送られるため、2台以上のホストが同時に信号を送るとコリジョン(データの衝突)が発生する。コリジョンが起こると信号が破棄されてしまうが、リピーターハブでは接続台数が増えるとコリジョンが発生しやすくなり通信効率が下がる。こうしたことから、現在は送信先のホストがつながっているポートにだけパケットを送る「スイッチ」が主流である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android