リファイナンス方式(読み)リファイナンスほうしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リファイナンス方式
リファイナンスほうしき

輸入ユーザンスの方式の一つ。輸入者が,海外の輸出業者が振出した一覧払為替手形の決済資金調達のため,別途あらかじめ用意した白地手形 (リファイナンス手形) を振出し,国際金融中心地の銀行に引受けてもらい,先に決済した手形と同額の外貨融資を受けるもの。外貨融資に使用されるリファイナンス手形は期限付手形と同じように引受け,割引がなされるが,一覧払為替手形を決済したあとで再金融を受けるところからリファイナンスの名称がつけられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android