リフシッツ(読み)りふしっつ(英語表記)Евгений Михайлович ЛифшицEvgeniy Mihaylovich Lifshits

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リフシッツ
りふしっつ
Евгений Михайлович Лифшиц Evgeniy Mihaylovich Lifshits
(1915―1985)

ソ連の物性理論物理学者。1930年代なかば、ヨーロッパから帰国したランダウがハリコフ物理工学研究所の理論部門の長をしていたころの学生の一人で、その後、ピタエフスキーLev Petrovich Pitaevskii(1933― )、アブリコソフ、ゴリコフLev Petrovich Gor'kov(1929― )らとともに「ランダウ学派」の中心的役割を果たし、「強磁性体の磁区構造理論」(1935、1944)、「超流動体中の音波の伝播(でんぱ)」(1944)、「ファン・デル・ワールス力の理論」(1954)など業績は多方面にわたっている。ランダウとの共著『理論物理学教程』(全10巻)は、1941年からランダウの死後も続けられ、約40年を費やして、1979年に完成された。ソビエト科学アカデミー(現、ロシア科学アカデミー)物理学研究所教授として旧ソ連の物性理論展開に貢献した。[荒川 泓]
『L・D・ランダウ、E・M・リフシッツ著、恒藤敏彦・広重徹訳『ランダウ=リフシッツ理論物理学教程 場の古典論 電気力学、特殊および一般相対性理論』(1978・東京図書) ▽L・D・ランダウ、E・M・リフシッツ著、竹内均訳『ランダウ=リフシッツ理論物理学教程 流体力学1、2』(1979~1980・東京図書) ▽V・B・ベレステツキー、E・M・リフシッツ他著、井上健男訳『ランダウ=リフシッツ理論物理学教程 相対論的量子力学1、2』(1980・東京図書) ▽E・M・リフシッツ、L・P・ピタエフスキー、井上健男他訳『ランダウ=リフシッツ理論物理学教程 物理的運動学1、2』(1982・東京図書) ▽E・M・リフシッツ、L・P・ピタエフスキー著、碓井恒丸訳『量子統計物理学』(1982・岩波書店) ▽L・D・ランダウ、E・M・リフシッツ著、井上健男他訳『ランダウ=リフシッツ理論物理学教程 電磁気学 連続媒質の電気力学1、2』(1982~1983・東京図書) ▽L・D・ランダウ、E・M・リフシッツ著、好村滋洋他訳『ランダウ=リフシッツ理論物理学教程 量子力学 非相対論的理論1、2』改訂新版(1984・東京図書) ▽L・D・ランダウ、E・M・リフシッツ著、好村滋洋・井上健男訳『ランダウ=リフシッツ物理学小教程 量子力学』(1984・東京図書) ▽L・D・ランダウ、E・M・リフシッツ著、水戸巌他訳『ランダウ=リフシッツ物理学小教程 力学・場の理論』(1984・東京図書) ▽L・D・ランダウ、E・M・リフシッツ著、佐藤常三・石橋善弘訳『ランダウ=リフシッツ理論物理学教程 弾性理論』増補新版(1989・東京図書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リフシッツの関連情報