コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リベラリズム(Liberalism )

外国為替用語集の解説

リベラリズム(Liberalism )

自由主義。政治権力に対抗して個人の自由を強力に擁護する主義。18世紀以降、個人や企業の私有財産の保障と自由市場の利用を正当化し、資本主義経済の発展に大きく貢献したが、20世紀に入り貧富の差が急速に拡大したため、国家・政府が市場経済に介入して所得の再配分や機会の均等配分を行うように変化した。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

リベラリズム(Liberalism )の関連キーワードペレス(Carlos Andrés Pérez (Rodriguez))リバタリアニズム(Libertarianism)ポール・E. ツォンガスカルロス・サウル メネム新自由主義[社会思想]アルフォンソ(12世)フランスの大統領選挙コミュニタリアニズムグローバリゼーションオックスフォード運動マイケル・サンデルマイケル サンデルウルストンクラフトリバタリアニズムジャディディズム米州活性化構想社会的市場経済ヨーロッパ報知中島 栄次郎加藤 シヅエ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リベラリズム(Liberalism )の関連情報