コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リベラーレ・ダ・ベロナ Liberale da Verona

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リベラーレ・ダ・ベロナ
Liberale da Verona

[生]1445頃.ベロナ
[没]1526/1529. ベロナ
イタリアの画家。ベロナ,ロンバルディア地方で修業し,A.マンテーニャや,G.クレモナの影響を受けた。ローマ,ビテルボ,シエナなどでも活躍。 1488年にベロナに戻ったのちは,サンタ・アナスタシアとサン・フェルモで多くのフレスコ画を描いた。またミニアチュリストとしてもすぐれ,キウジ大聖堂とシエナ大聖堂のミサ典礼書などを制作した (両方とも同地に現存) 。また板絵による祭壇画の代表作は『聖セバスチアヌス』 (ミラノ,ブレラ絵画館) ,『ピエタ』 (ミュンヘン,アルテ・ピナコテーク) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リベラーレ・ダ・ベロナの関連キーワードベネチアーノ細川勝元ニコラウス・フォン・ハーゲナウコペルニクス後柏原天皇バーブルデリー・サルタナット後奈良天皇デリー・サルタナットムガル帝国

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android