リボン刺しゅう(読み)りぼんししゅう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

細いリボンを使ってさす刺しゅうで、リボンの面を生かしてさすという特徴がある。また縫い縮めてギャザーを寄せたり、細く撚(よ)って線を表すこともある。図案を選ぶときはあまり繊細なものは向かない。

[木村鞠子]

由来

ヨーロッパでリボンを刺しゅうに使い出したのは18世紀。ロココ時代であったのでロココ刺しゅうともいわれた。

[木村鞠子]

布地

ベルベット、サテン、薄いウール、木綿、麻、化合繊。あまり薄い布地や目の詰んだ布は、リボンが刺しにくく、また仕上がりが美しくないので不向き。

[木村鞠子]

リボン

3.5~4ミリぐらいが多く用いられるが、刺す布地によっては幅の少し広いものや、テープ類を使い合わせることもある。絹、化合繊で光沢があって糊(のり)気のないものを選ぶ。

[木村鞠子]

使われるステッチ

リボンの特徴を生かすいくつかの技法があるが、欧風刺しゅうのステッチが多く使われる。ランニングステッチ、アウトラインステッチ、ストレートステッチ、サテンステッチ、ロングアンドショートステッチ、リーフステッチ、ランブラローズステッチ、チェーンステッチ、レゼーデージーステッチ、フレンチナッツステッチ、ループステッチなど。またリボンは幅があるので、刺し始め、刺し終わりに独特の手法があり、刺すときには目打ちなどを使いリボンの面を平らにしながら刺す。

[木村鞠子]

用途

衣服のほかに小物類、室内装飾品など。

[木村鞠子]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android