コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リミタネイ limitanei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リミタネイ
limitanei

ローマ皇帝コンスタンチヌス1世 (大帝) とその後継皇帝たちによって配置された国境防衛軍。騎兵と歩兵より成り,屯田兵として耕作も行なった。その部隊は通常特定の地点の防衛にあたるが,ときとしてコミタテンセス (野戦軍) のような機動力を発動する場合もあり,リミタネイを単に現地農民兵と規定することは正しくない。しかしコンスタンチヌスによって増設されたコミタテンセスがローマ帝国後期のローマ軍の主力であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リミタネイ【limitanei】

後期ローマ帝国の国境防衛軍に対する一般的名称。おもに騎兵部隊と歩兵部隊から成り,各地区の軍司令官(ドゥクスdux)が指揮した。部隊は普通移動することはなかったが,ときどき偽野戦軍(プセウドコミタテンセスpseudocomitatenses)となったり,時にまた野戦軍(コミタテンセスcomitatenses)に格上げされて移動した。それゆえ,彼らを国から割り当てられた土地を耕す世襲の農兵であったと考えることはできない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のリミタネイの言及

【ローマ】より

…そしてこの時代には文官経歴と武官経歴が完全に分離された。軍隊は国境を守る国境防衛軍(リミタネイlimitanei)と,皇帝に直属し危地に急行する騎兵機動軍(コミタテンセスcomitatenses)に分かれた。 こうして肥大化した官僚群と拡大した軍団を保持するために,国家財政はほとんど破綻にした。…

【ローマ】より

…そしてこの時代には文官経歴と武官経歴が完全に分離された。軍隊は国境を守る国境防衛軍(リミタネイlimitanei)と,皇帝に直属し危地に急行する騎兵機動軍(コミタテンセスcomitatenses)に分かれた。 こうして肥大化した官僚群と拡大した軍団を保持するために,国家財政はほとんど破綻にした。…

※「リミタネイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リミタネイの関連キーワードストラチオタイリメス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android