リムスキーコルサコフ(英語表記)Nikolay Andreevich Rimskiy-Korsakov

大辞林 第三版の解説

リムスキーコルサコフ【Nikolai Andreevich Rimskii-Korsakov】

1844~1908) ロシアの作曲家。「ロシア五人組」の一人で、管弦楽の色彩を生かした「スペイン奇想曲」、交響組曲「シェエラザード」などを作曲。後半生はオペラに没頭、「金鶏」などを残す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

リムスキー‐コルサコフ

(Nikolaj Andrjejevič Rimskij-Korsakov ニコライ=アンドレービチ━) ロシアの作曲家。幼時から楽才を発揮し、一六歳のころバラキレフの紹介でロシア国民楽派「五人組」の一人となって活躍。ロシア国民主義音楽を発展させるとともに、ペテルブルク音楽院教授も勤めた。印象派的な全音階、半音階を用い、色彩的な管弦楽法とはなやかな楽想を特徴とする。「管弦楽法原理」などの著書もある。代表作は交響組曲「シェエラザード」、オペラ「サトコ」「金鶏」、「スペイン奇想曲」など。(一八四四‐一九〇八

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リムスキーコルサコフの関連情報