コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュウガン(竜眼) リュウガン

百科事典マイペディアの解説

リュウガン(竜眼)【リュウガン】

インドあるいは中国原産といわれるムクロジ科の常緑高木。高さ十数mに達し,葉は披針形小葉からなる複葉果実球形黄褐色を呈し,表面には細かい疣(いぼ)状突起を有する。種子は1個で,白色多汁の果肉で包まれる。果実を生食しまたは乾果として賞味する。乾燥した果肉は竜眼肉といい,食用,薬用とする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リュウガン【リュウガン(竜眼) longan】

ムクロジ科の常緑樹(イラスト)。レイシ可食部は類似している。乾果は竜眼肉と称し,漢方薬として重用される。樹形は開張性で樹高は10mに達する。葉は偶数羽状複葉。花は直径6mmほど,花弁は黄白色。雄花と完全花が混在する円錐花序に多数つく。果実は径2~3cm,5gほどで,10~20個が集まり房となる。果面は淡褐色でジャガイモの表皮に似ているが,やや硬く殻のようである。暗褐色の種子を包んだ仮種皮arilが可食部であり,乳白色でブドウ果粒より硬く,コリッとした感覚と特有の風味がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android