コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュカオニア Lycaonia; Lykaonia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リュカオニア
Lycaonia; Lykaonia

アナトリアの中南部,タウロス山脈の北側の古代地方名。先住民は好戦的で原始的生活をおくり,高原地帯で羊の放牧を営んでいた。アケメネス朝ペルシア時代には独立を保ったが,アレクサンドロス3世 (大王) に征服され,その後,セレウコス朝アッタロス朝ローマ帝国に支配された。ローマ帝国時代にはガラテア州に編入された。エフェソスからキリキア門へ通じる街道が発達しており,それに沿って州都イコニウムラオディケア,ラウンダなどの重要な都市があった。パウロの布教を受けるなど,早くからキリスト教化され,4世紀には小アジアで最も完全な教会組織をもつにいたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リュカオニアの関連キーワードペルガモン王国アナトリア

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android