コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リューコスティン leucostine

岩石学辞典の解説

リューコスティン

この名称はエジプトのシエナ(Syene)の赤い古い斑岩の石基に使われたが,後にコルディエは長石に富む完晶質火山岩に用いた[Cordier : 1816].ドーム岩(domite)や響岩が含まれる[Tomkeieff : 1983].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

リューコスティンの関連キーワードシエナ花崗岩シナイ岩閃長岩アスワン閃長岩

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android