コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リューディン Ernst Rüdin

世界大百科事典 第2版の解説

リューディン【Ernst Rüdin】

1874‐1952
ドイツ遺伝精神医学者。スイスに生まれ,ヨーロッパ各地の大学で医学と遺伝学を学び,1907年ミュンヘン大学のクレペリンに師事,09年《無期囚の精神障害》に関する論文で教授資格を取得。17年ミュンヘンのドイツ精神医学研究所の遺伝学部長,25年バーゼル大学精神科教授,28年ミュンヘンのカイザーウィルヘルム協会の遺伝研究所所長になった。彼は精神障害の原因として遺伝因を重視してその解明に努め,科学的な遺伝精神医学の開拓者となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リューディンの関連キーワード級化層理日中関係大本教日野BD型バス(ブルーリボン)カリブ文学吉田茂内閣島義勇小野梓サイゴン条約ハーディ