リューベック条約(読み)リューベックじょうやく(英語表記)Treaty of Lübeck

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リューベック条約
リューベックじょうやく
Treaty of Lübeck

1629年5月 22日,デンマーク王クリスティアン4世と神聖ローマ皇帝フェルディナント2世との間に結ばれた和約。ホルシュタイン公として帝国諸侯の一人であり,西北部ドイツの新教化に重大な利害を有したクリスティアンは,三十年戦争の当初におけるカトリック連合 (皇帝軍) の勝利をみて,25年に参戦した。しかし J.ティリーと A.ワレンシュタインに惨敗を喫し,シュレースウィヒ=ホルシュタインとユトラント (ユラン) を占領されて,この和約を強いられ,今後ドイツの宗教紛争に一切介入しないことを約束しなければならなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android