コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リョウマンガン鉱(菱マンガン鉱) りょうマンガンこうrhodochrosite

翻訳|rhodochrosite

世界大百科事典 第2版の解説

りょうマンガンこう【リョウマンガン鉱(菱マンガン鉱) rhodochrosite】

マンガン鉱石の一つで,化学成分はMnCO3である鉱物。純粋なものは少なく,普通Fe2+とCaを含んでいる。六方晶系,菱面体であるが明瞭な結晶はまれで,細密な塊状をなすことが多い。また球状,ブドウ状を呈する。モース硬度3.5~4.5,比重は純粋なもので3.70,通常3.4~3.6,へき開は{101}に完全,ピンクないしばら色,橙赤色,黄褐色,半透明。屈折率および複屈折は,含まれるFeの量が増すにつれて増大する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リョウマンガン鉱(菱マンガン鉱)の関連キーワードルムンバルムンバC. アドゥラコンゴ動乱モブツコンゴ動乱多国籍企業モブツルムンバパトリス ルムンバ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone