コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リョウマンガン鉱(菱マンガン鉱) りょうマンガンこう rhodochrosite

翻訳|rhodochrosite

1件 の用語解説(リョウマンガン鉱(菱マンガン鉱)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りょうマンガンこう【リョウマンガン鉱(菱マンガン鉱) rhodochrosite】

マンガン鉱石の一つで,化学成分はMnCO3である鉱物。純粋なものは少なく,普通Fe2+とCaを含んでいる。六方晶系,菱面体であるが明瞭な結晶はまれで,細密な塊状をなすことが多い。また球状,ブドウ状を呈する。モース硬度3.5~4.5,比重は純粋なもので3.70,通常3.4~3.6,へき開は{101}に完全,ピンクないしばら色,橙赤色,黄褐色,半透明。屈折率および複屈折は,含まれるFeの量が増すにつれて増大する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リョウマンガン鉱(菱マンガン鉱)の関連キーワード硬マンガン鉱水マンガン鉱軟マンガン鉱モル分率緑マンガン鉱ラテライト性マンガン鉱床沼マンガン鉱マンガネサイトマンガノライトケルツ岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone