コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リョウメンシダ(両面羊歯) リョウメンシダArachniodes standishii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リョウメンシダ(両面羊歯)
リョウメンシダ
Arachniodes standishii

オシダ科の常緑性シダ植物で,コガネワラビともいう。日本各地および朝鮮半島に分布し,林下の陰湿地に群生することが多い。根茎はほぼ斜上し先端に葉を叢生する。葉は鮮緑色で長さ 1m前後に達する大型。葉柄基部には淡褐色の鱗片が目立つ。葉身は4回羽状に分裂し,胞子嚢のつかない葉では葉裏も表面と同様にみえる。胞子嚢群は裂片の縁と中肋の中間につき,包膜は全縁の円腎形。胞子は両面体型で冬に熟する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報