コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リングぼけ りんくほけ,りんぐぼけ

カメラマン写真用語辞典の解説

リングぼけ

  レフレックスレンズミラーレンズ反射望遠レンズ)特有のボケで、レンズ前面から光が入るときには、中央の裏面ミラーの周囲から入射するために、光がリング状になる。ピントを合わせた部分には出ないが、 前ボケ・後ボケ ではこのリング状の光が強いリングぼけとなって写真に写る。一般的にはリングぼけは嫌われるが、これを逆用して逆光の光をリング状にするなど作画に利用することもできる。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android