コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンゲルナッツ リンゲルナッツ Ringelnatz, Joachim

3件 の用語解説(リンゲルナッツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リンゲルナッツ
リンゲルナッツ
Ringelnatz, Joachim

[生]1883.8.7. ブルツェン
[没]1934.11.17. ベルリン
ドイツの詩人,画家。本名 Hans Bötticher。高校を終えるとすぐ船に乗込み,その合間に次々と 30種にも上る雑多な職業につきながら海外も含む各地を放浪した。 1909年以後はミュンヘン皮切りに各都市のキャバレーで,おどけてもの悲しく辛辣な即興詩を朗読して生計を立て,同時に画家としても活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

リンゲルナッツ【Joachim Ringelnatz】

1883‐1934
ドイツのノンセンス詩人。本名Hans Bötticher。ライプチヒの東,ウルツェンに生まれる。ギムナジウム中退後船員を振出しに職業を転々とし,1909年より寄席の専属詩人。日常的でささいなもの,卑俗なものを題材におどけた詩を書いた。ブルジョア批判とペーソスのぬくもりに特徴がある。代表作に詩集《嗅ぎ煙草入れ》(1912),《クッテル・ダッデルドゥ》(1920)などがある。【井上 修一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リンゲルナッツ
りんげるなっつ
Joachim Ringelnatz
(1883―1934)

ドイツの詩人。ライプツィヒ近郊に生まれる。ギムナジウムを中退した船員あがりのボヘミアンで、放浪と無頼の生涯を送った。マンドリンを背にミュンヘンやベルリンの「文士キャバレー」を渡り歩き、自作の詩を朗読。『体操詩』(1920)、『クッテル・ダッデルドゥ』(1920)、『悪戯(いたずら)読本』(1931)など、その作品にはナンセンスで大胆な道化、センチメンタルな叙情、深い孤独と憂愁が表れている。[幅 健志]
『板倉鞆音訳『リンゲルナッツ詩集』(1966・思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リンゲルナッツの関連キーワード西ドイツ西部戦線ナンセンスノンセクトノンセンス統一ドイツノンセンスバースドイツの小さな町プフィツナー《ノンセンスの絵本》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リンゲルナッツの関連情報