コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンゴの価格安定制度

1件 の用語解説(リンゴの価格安定制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

リンゴの価格安定制度

99年度に県の事業として始まり、01年度から国の事業になった。補填(ほてん)が行われたのは、安値になった01、02年。両年度とも満額の32億円が農家に支払われ、国と県、市町村がこのうち53億円を負担した。この制度が今年度で終わるため、県は来年度から独自の支援策を始めることを求められている。だが、県りんご果樹課は、「基金の残高は、約6億3千万円。新制度での県の負担は、この金額をベースに考えざるを得ない」と話しており、現行の「最大32億円」の枠は、維持が難しそうだ。

(2006-10-16 朝日新聞 朝刊 青森全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リンゴの価格安定制度の関連キーワード地震予知計画過年度支出現年度年度イラク戦費国営農地開発事業農村の高齢化食料自給率目標

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone